ブログ

ブログ

捻挫に対する鍼灸治療効果!!
2021/05/06
治療について

神戸すみれ治療院の宮脇です。


今回は患者様で捻挫をされた方が

おられましたので治療効果をお伝えさせていただきます。

足関節は内反捻挫と言って内側に足を捻じって

起こることが大半ですが、今回は外反捻挫と言って

足首を外側に捻じってしまう症例です。

外反捻挫は稀なケースで本来足関節の可動域を越えて

足首を痛めてしまうので少し厄介です。


治療前の腫れ具合です。


足が全体的に腫れており、足底にも内出血の後が診られます。

この時は熱感も診られているので氷をお借りして

アイシングと鍼灸治療を行っております。


治療後の腫れ具合です。


全体的に腫れが引いており、足底の内出血も完全にでは

ないですが軽減しております。

まだ炎症反応が出ている際には無理は出来ませんが

現在この方は元気に散歩を出来るまで

回復されています。

鍼灸治療は身体の事に対して幅広く対応出来ますので

お困り事があれば連絡をお待ちしております。