ブログ

ブログ

暖かい時期の「冷え性」に悩まれたいる方は意外と多いです!!
2021/06/10
治療について

こんにちは!


いつもブログを見ていただいて


ありがとうございます!!


神戸すみれ治療院の鈴木と申します。


 

真夏に向けて段々と日差しも強くなって


きており、外に出た時の暑さを辛く


感じるようになってきましたね!


 

これからの暑い時期によく起きる身体の


症状として、外は暑いのに、室内では


冷房がよく効いており、家の中と外での


寒暖差が大きいことにより、体温調整が


上手に出来ず自律神経の乱れが


出てしまうことです!


 

自律神経が乱れることにより肉体的にも


精神的にも負担が掛かってしまい様々な


症状が出てしまいます。


 

今回は自律神経の乱れなども原因の


一つであり、慢性的に悩んでいる方も多い


「冷え性」


についてお話したいと思います。


 

冷え性はこの暑い時期でも季節は関係なく


年中通して症状が出ます。冷え症で


悩まれている方は多くいらっしゃいますが


冷え性についてあまり知らず


毎年のことだということで我慢している


方も意外と多いんです!!


 

ですが!冷え症も風邪と同じように


万病のもとと言われており、放置して


いると思いがけない体調不良が現れて


しまう恐ろしい病気なのです!!


 

冷え性から出る体調不良で多いのは、、、


 

・肩コリ


・腰痛


・頭痛


・生理不順、生理痛


・免疫力低下、全身倦怠感



などがあります。一見冷え性と関係ない


ように思うような症状でも冷えが改善する


ことにより、症状が緩和することも


多くあります。


 

では、どのようにすれば冷え症を


改善できるでしょうか?

 

よく言われるのが、


 

・食事改善(栄養のバランスを考えて食事を摂る)


・適度な運動(汗をかき体温の調整機能が低下


しないようにすることと、全身的に筋力が


低下しないようにする)


・衣類の調整(手首、足首、首の三つの首を


冷やさない)

 

などがあります。


そこで冷え性の改善で最も基本的で


大事なことは、まずはしっかりと全身の


血流を良くすることです!

 


私たちは冷え症でお悩みの方への治療では


まず経穴と言われるツボに対してお灸を


することで血流を良くするということを


一番にします!

 

お灸と言うと熱くて火傷するという


イメージがありますが、神戸すみれ治療院では


お灸は間接灸というタイプのお灸を用いており


もぐさが肌に直接触れることがないので


火傷の心配がありません!

 

また、お灸を使うとじんわりと身体の芯から


温まる感じがしてとても気持ち良いと


患者様からもご好評です!!


 

ここで私達が実際に冷え症の方によく使う


ツボを紹介させていただきます。

 

【三陰交と太谿は、足の冷えの改善に効果的です】


・三陰交


内くるぶしの中心から指4本分上がった


ところです。


 

・太谿


内くるぶしのすぐ後ろのくぼみです。


 

【陽池と合谷は手の冷えの改善に効果的です】


・陽池


中指から手の甲の側へ手首まで降りたところ


にあります。


 

・合谷


最も有名なツボで親指と人差し指の間にあります。

 


【首を温めることで全身的に温まり、免疫力


の向上にも効果的です】


・大椎


首を前に倒した時に飛び出る首の骨


(第7頸椎)の下にあります。

 


またお灸には、チネオールというもぐさの


精油成分が含まれておりとてもリラックス効果


が期待出来て、和のアロマセラピーと


言われるほどです。お灸を使えば身体を温めながら


心も休めることが出来ます。


 

冷え症でお悩みの方は是非一度


神戸すみれ治療院にご相談下さい。


鍼灸を用いた治療以外にも運動や食生活の


改善などのアドバイスを併せて行います!


御連絡お待ちしています!!